Close Up Manicure

​ネイルサロンの開業について

特別な資格や届け出の必要ないネイルサロンは、比較的簡単に開業できるのが魅力です。さらに、どのような形でサービスを提供していくのか?ネイリストのライフスタイルやニーズにあわせ、いくつかの開業形態を選べるのもポイントだといえるでしょう。

それでは、ネイルサロンの開業形態としてどのような方法が考えられるのか?それぞれにはどのようなメリット・デメリットがあるのか?以下から簡単に解説していきましょう。

01 店舗型ネイルサロン

店舗型ネイルサロンとは、テナントやマンションの一室を借り、独立した店舗としてネイルサロンを開業・経営するスタイルのことです。それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

スクリーンショット 2022-06-15 9.50.40.png

物件取得費用などの初期投資がかかるという点ではテナントもマンションも同じですが、それぞれの性格の違いによってメリット・デメリットは若干異なります。ただし、どちらもサービス・営業に集中できる環境を創りやすいため、ネイルサロン1本で頑張っていきたい方におすすめできる開業形態です。ネイルシェアサロンサロンは初期投資がかからず独立開業比較的集客もしやすい但しシェアサロンの物件が少ないので見つけた時にはチャンスです。

​02  自宅型ネイルサロン

自宅型ネイルサロンとは、自宅の一部を利用してネイルサロンを開業・経営していくスタイルのことです。店舗型とは異なる、自宅型ネイルサロンのメリット・デメリットは以下の通りです。

スクリーンショット 2022-06-15 10.10.58.png

自由度は少ないものの、開業資金を大幅に抑えながらネイルサロン経営できるのが自宅型最大のメリットです。副業としてネイリストめ目指す方におすすめできる開業形態だといえるでしょう。

このほかにも、オーダーに応じて顧客先に出向く「出張型ネイルサロン」を選択する方も。個人事業主としてテナントの一部を間借りする、アメリカのヘアサロンやネイルサロンで一般的なスタイルで仕事をするネイリストの方も増えています。

​​03  ネイルサロンの開業資金はどのくらい必要?

それでは、ネイルサロンの開業資金はどのくらい金額を用意すればいいのか?本格的に業界に参入したいネイリストの方に向け、店舗型ネイルサロンを例にして解説していきましょう。

 

立地条件やこだわりによって開業資金は大きく変動しますが、10坪程度、月額賃料10万円のネイルサロンを開業するための平均的な例を紹介します。

スクリーンショット 2022-06-15 10.44.40.png

10坪程度のネイルサロンであれば、おおよそ300万円からの開業資金が必要であることがわかります。

それぞれの項目をもう少し詳しく見ていきましょう。

・ネイルサロンの物件取得費用

マンションの場合

「前家賃 + 敷金2ケ月 + 礼金2か月 + 仲介手数料1か月」で賃料の6か月分を、テナントを借りる場合なら「前家賃 + 保証金10か月 + 礼金1か月 + 仲介手数料1か月」で賃料の13か月分を請求されることが一般的です。

もちろん、内装工事の期間は営業できないため、プラス1か月分の余裕を見ておくと安心です。敷金や保証金は退出の際に戻ってくるケースがほとんどですが、開業資金として契約時に大きな負担がかかる費用だといえるでしょう。

・ネイルサロンの内装工事費用

設計費用、材料費を含んだ内装工事費用を、坪当たり20〜25万円単価としたうえで総額を算出しています。

009.jpg

・ネイルサロンの機材・設備・備品費用

ネイルサロンに欠かせない機材・設備・備品の総額は、おおよそ15〜65万円程度です。ただし、これは顧客1名分を想定したものであり、受け入れる顧客数が増えれば、それだけ費用は高額になります。ネイルサロンの機材・備品は価格の幅も大きいため、こだわればそれだけ費用も高くなると考えておくべきでしょう。

機材・設備・備品の購入費用目安

ネイルテーブル 3〜10万円/ネイルチェア  1〜10万円/照明器具 1〜10万円

/ネイルチップディスプレイ 1〜3万円/家具 5〜30万円

・ネイルサロンの広告宣伝費用

019.jpg

集客に不利なマンションも含め、開業したばかりのネイルサロンで必須なのが広告宣伝費用です。

集客方法としてはホームページの開設、SNSの活用、地方紙・フリーペーパーなどの広告、ネイルサロン専門の予約サイト活用などが考えられますが、ホームページ制作だけでも10万円は見ておいた方が無難ですえ。広告掲載も含め、広告宣伝費用の総額は25〜30万円程度は見ておきたいところです。

ネイルサロン開業に向けて物件の賃貸契約をする際に必要になるのが物件取得費用です。エリア・物件の広さ・種類によっても異なります

店舗の内装はネイルサロンの雰囲気を左右する重要な要素ではありますが、壁紙や床の工事が中心となるため、比較的費用を抑えられるのがポイントです。それでも10坪あれば200万円程度の費用は必要であり、インテリアにこだわればさらに坪単価は高額になります。

一方、内装工事費用を抑えるためには、過去にサロンとして営業していた「居抜き物件を探す」という方法もあります。都合のいい物件が見つかるとは限りませんが、内装工事を簡略化できれば総額で100万円違ってくることも。物件探しの際に念頭に置いておきたいポイントです。

ネイルサロン開業に向けて

開業資金をかけないで独立開業するにはネイルシェアサロンを活用しよう

シェアサロンはまだまだ別件数が少ないですがネイルサロンを運営するのに開業資金もかからず集客も比較的集客安定して望めます。シェアサロンにも様々な形態やプランなども有りますので無料見学会など積極的に活用しましょう